現在、自動車業界はサイバーセキュリティ法規の施行に向けて、CSMS(サイバーセキュリティマネジメントシステム)の整備が進められています。
今後、サイバーセキュリティ法規を満たすために車両サイバーセキュリティの国際標準規格「ISO/SAE 21434」への準拠が必要となってきました。
本セミナーでは「ISO/SAE DIS 21434」の全体概要と、ベリサーブのこれまでの経験から、これから導入を進めていくOEMとサプライヤーのみなさまに必要となる活動(SIRTの構築、脅威分析、評価(セキュリティテスト)、脆弱性分析など)をご紹介いたします。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2020年11月26日(木) 15:00 ~ 16:00 (申込受付期間は11月25日の9:00までとなります。お早めにお申込ください。)  
会場
参加費 無料
定員
対象
主催 株式会社ベリサーブ
共催
協賛  
内容 ISO/SAE DIS 21434の全体概要
株式会社ベリサーブ  ソリューション事業部 サイバーセキュリティビジネスユニット 佐尾山 裕之


2020年2月にDIS版が公開された車両サイバーセキュリティの国際標準規格「ISO/SAE DIS 21434」。CSMSを構築する手段であるこの規格の全体概要についてご説明いたします。


ISO/SAE DIS 21434の現場への導入
株式会社ベリサーブ ソリューション事業部 サイバーセキュリティビジネスユニット  外山 敬介


導入に関し、CSMSへの適合、すなわち、サイバーセキュリティー対策を考慮した開発・設計・生産プロセスを構築することが求められています。今回はその中から大切な活動をピックアップしてご紹介いたします。

備考 【参加方法】
・本セミナーは、Web会議ツール「Zoom」を使用しオンラインにて開催いたします
 ※Zoomでのご参加が難しい方はお問い合わせください
・セミナー視聴方法は、申し込み状況を確認後、ご参加いただく方に事前にメールにてご連絡いたします

【備考】
※当日の配信内容の録画や録音はご遠慮ください
※応募多数の場合は、抽選となる可能性がございます
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問い合わせ

株式会社ベリサーブ広報・マーケティング部
vs.marketing@veriserve.co.jp