近年、ITシステム開発に求められる機能は⾼度化・複雑化しています。品質に対する要求レベルも一段と⾼まり、市場不具合を減らす活動は欠かせません。
そこで、本セミナーでは、市場不具合を減らすためのアプローチの1つとして、JIS25010をテスト観点としたテスト設計手法をご紹介します。品質を「見える化」することで期待できる開発全体への様々な効果についてご説明いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。

日時 2020年10月2日(金) 15:00 ~ 15:45  
会場
参加費 無料
定員 申込受付中
対象 ソフトウェアの品質保証や管理をご担当の方、またはその関連業務に携わる方
主催 株式会社ベリサーブ
共催
協賛  
内容 ◆品質「見える化」セミナー JIS25010を使って市場不具合を減らすテスト設計戦略!
株式会社ベリサーブ ITシステム事業部 小森星児


本セミナーでは、昨今のテスト設計方法における品質評価方法の問題点と、その問題を解決するためのJIS X 25010:2013のシステム及びソフトウェア品質モデルをテスト観点とした「品質視点のテスト設計手法」をご紹介いたします。また、品質評価を「見える化」することによる様々な期待効果についてご説明いたします。


備考 【参加方法】
・本セミナーは、Web会議ツール「Zoom」を使用しオンラインにて開催いたします
 ※Zoomでのご参加が難しい方はお問い合わせください
・セミナー視聴方法は、申し込み状況を確認後、ご参加いただく方に事前にメールにてご連絡いたします

【備考】
※当日の配信内容の録画や録音はご遠慮ください
※応募多数の場合は、抽選となる可能性がございます

お問い合わせ

株式会社ベリサーブ広報・マーケティング部
vs.marketing@veriserve.co.jp